かねあいよよかとは?


《メンバー》
よよか(8歳) : ドラム、歌、キーボード
りえ(母) : 歌、ギター
あきふみ(父) : ベース、ギター、キーボード、歌

 

《サブメンバー》

しどう(弟) : エアギター、おどり、ドラム

《かねあいよよかプロフィール》
2015年6月、当時5歳のドラマー”よよか”を中心に結成した北海道石狩市在住の家族バンド。

メンバー全員が作詞作曲しボーカルも務める。
2016年3月、CD『ハマナスの約束』を"よよか”が幼稚園児でレコーディング&リリースして大きな話題に。
2017年4月、小学1年生でレコーディングした2ndCD『センス!』をリリース。
2018年5月13日、初の全国発売CD『YO-YO-YO?』をリリース。B'zのサポートキーボーディストの増田隆宣、KinKi Kidsやスキマスイッチのサポートギタリスト外園一馬など豪華ミュージシャンもレコーディングに参加。タワーレコードなどで特設コーナーが組まれる。

2018年10月14日、北海道札幌市の『道新ホール』でワンマンライブを開催し、700席チケットソールドアウト。

2018年12月8日、東京自由が丘のライブカフェ『hyphen』に招かれ関東初ライブ。限定40名のチケットが一日でソールドアウト。

 

《ドラマー“よよか”プロフィール》
2009年10月生まれ。2歳からおもちゃ代わりにドラムを始め、4歳からライブ活動を始める。

5歳で 『かねあいよよか』を結成、幼稚園在籍中の6歳でファーストCDを発売。
作詞作曲、ボーカル、ピアノも担当。ライブやイベントなどこれまでに100本以上のステージを経験。
国内外のテレビやラジオ、新聞や雑誌など各メディアで50回以上出演&特集が組まれる。

 

これまでに、吉幾三やタカアンドトシ、COW COW、バービー、EXILE SHOKICHIなど多数の芸能人やアーティストと共演。
菅沼孝三、川口千里、石若駿、安部潤、MAD大内など数々のプロミュージシャンともライブで共演。

 

2017年8月、『第2回 スーパーキッズパフォーマンスコンテスト』小学校低学年の部で優勝。

 

2018年6月、世界的な女性ドラマーのコンテスト『Hit Like A Girl 2018』の18歳以下の部にて、最年少の8歳でウイークリーチャンピオンとなる快挙を達成。

Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』をカヴァー演奏した応募動画は、アメリカのローリングストーン誌やビルボードで特集され、世界中に拡散。

Red Hot Chili Peppersのドラマー チャド・スミスや、KISSのドラマー エリック・シンガー、シェリル・クロウ、ショーン・レノンらから称賛される。

国内でも、矢野顕子、佐藤竹善、ハマ・オカモト、亀田誠治、ピエール中野らも驚きとともにSNSでよよかを紹介。

さらに、Led Zeppelinのヴォーカリスト ロバート・プラントもよよかの演奏動画を称賛。

 

2018年8月11日、国内最大級の野外ロックフェスティバル『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』に史上最年少出演。オリジナル曲のほか、Char、奥田民生、KenKen、聡一郎(CROSS ROAD)をゲストに迎え、Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』を演奏。

 

2018年9月11日、さいたまスーパーアリーナで開催された『第27回東京ガールズコレクション2018 AUTUMN/WINTER8』でドラム演奏を披露。3万人の観客を沸かせた。

 

2018年10月21日、東京ビックサイトで開催された国内最大の楽器総合イベント『2018楽器フェア』の『ベースの日×ドラムの日 楽器フェア50周年スペシャル』に出演。ベーシストの亀田誠治やドラマーのピエール中野、KOUHEI(4 Limited Szabys)と共演。

 

"Yoyoka"の衝撃は今も世界へ広がり続けている。

 

好きなドラマーはジョン・ボーナム、ベニー・グレブ、クリス・コールマン、山木秀夫など。