ワンマンライブ@道新ホール

【かねあいよよかバースデーワンマンライブ2018。道新ホールへの挑戦にあたって】

2018年10月14日(日)。

“かねあいよよかバースデーワンマンライブ2018”を開催します。

会場はなんと、道新ホール。

この決意に至るまで、この夢への挑戦に至るまでメンバーみんなで本当に悩みました。(別名、家族会議ともいう)

勿論、私たちにはまだまだ身の丈に合わない、無謀な挑戦だと重々承知していますし、賛否両論あるかと思います。

しかし、この先一年間の目標を高く置き、全力を尽くして目標へ立ち向かっていくこと。

トライする前から諦めずに、その無謀を夢に、その夢を目標に、その目標を現実に変えていくための努力をすること。

最初から諦めずに、成し得るために日々何をすべきか考え、的確に努力することの大事さと尊さを、子供達に伝え、一緒に頑張っていくこと。

それが大事だと信じて決断しました。

だからメンバーみんな、家族みんなで、そして支えて頂いているファンの皆さんと一緒に夢を叶えたいです!

この700席を笑顔でいっぱいにしましょう!
私たちかねあいよよかも、楽しみながら1年間走りつづけます。

 

来年のカレンダーと手帳の10月14日を私たちにください!
北海道は勿論、全国から皆さんの力を貸してください!!

 

勿論、信じられないくらい最高のワンマンライブにします!
これから色々なことを計画し、発表していきますので、応援よろしくお願いします!!

◉2018年10月14日(日)『かねあいよよかバースデーワンマンライブ2018』

@道新ホール

15:30開場/16:00開演

チケット料金・・・大人 前売り2400円・当日2500円/小人(中学生以下)前売り・当日1500円

未就学児は保護者様膝上に限り無料。座席が必要な方はチケットが必要です。

全席指定、無料託児コーナーあり

 

チケット発売中! 

●かねあいよよかライブ会場

 

●道新プレイガイド窓口(札幌市中央区大通西3 道新ビル1階 9:30〜18:00)

 

●音楽処(札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ7階 Tel.011-221-0106 10:00〜20:30)

 

●ローソンチケット Lコード 11325

 

●チケットペイ チケット販売サイト 

《チケットペイを利用してのチケット購入方法》

①まずチケットペイのチケット販売サイトでチケット購入の申し込み。https://ticketpay.jp/booking/?event_id=11606
②表示された「支払い番号」を控え、ファミリーマート店内のファミポート端末にて【Famiパス】のボタンを押してください。画面の指示に従って操作。
③端末から発行された「Famiポート申込券」をレジにお持ち頂き、チケット受け取りとなります。

 

●郵送もできます!

 1.名前

 2.チケット枚数(大人/小人 どちらを何枚ご希望か明記)

 3.郵送先住所

 4.電話番号

 を、FAX:0133-62-8337 もしくはメール: kaneaikaneai@gmail.comへ送信の上、 

 チケット代金と手数料200円の合計額を、以下の口座へお振込ください。

・ゆうちょ銀行 普通 九〇八店 4150296 ソウマリエ

 (記号番号:19050-41502961 ソウマリエ

入金確認後1週間以内にサイン入りチケットを発送します。

今ワンマンライブ開催にあたり、協賛いただける企業・団体・個人様を募集しております

<協賛金>

1.協賛金メニュー:5,000円から、6種類(※詳細は下記の「協賛メニュー一覧」を参照)

 

2.協賛金 取扱方法

.現金(石狩市内とその近郊であれば集金に伺います)

.銀行振込

 

<活動スケジュール(予定)>

 5月中旬・・・かねあいよよかホームページ内に「ワンマンライブ特設ページ」を開設、企業のバナー広告を掲載。特設ページとFacebookページに協賛企業を紹介。

 5月下旬・・・ワンマンライブのチラシとポスターを印刷。札幌や石狩の公共施設、放送局、ライブハウス、飲食店などに掲示・配布(約5,000部を予定)

 7月下旬・・・ワンマンライブのチラシ第2弾を印刷。札幌や石狩のお祭り会場、公共施設、放送局、ライブハウス、飲食店などに掲示・配布(約1万部を予定)

 10月・・・ライブ当日、来場者にパンフレット(700部発行)や協賛企業のチラシを配布。

◆◆◆協賛企業ご紹介 ◆◆◆

『有限会社塗創社』さま

有限会社塗創社さんは、矢沢永吉をこよなく愛す阿保富士雄社長が平成15年に設立した塗装の専門店です。

塗創社さんのホームページには施工料金が明記されているほか、装の工程も写真入りでわかりやすく掲載されています。
 
見積もりは無料ですので是非気軽にご相談してみてください。
問い合わせはフリーダイヤル0120-2828-80か、ホームページのお問い合わせフォームへどうぞ。

>>会社情報<<

  有限会社塗創社
  北海道石狩市花川北42丁目51番地
電話番号 0133-74-7703
代表者 代表取締役社長 阿保冨士雄

『株式会社石狩緑化開発』さま

『株式会社石狩緑化開発』さんは石狩市役所裏手にある会社で、の設計や施工から管理に至るまでお庭に関するエキスパートです

また、冬期間は一般住宅の玄関先や駐車場などの除排雪も行なっています。市や道の排除雪ではなかなか手の届かないところまでやってくれるので、お客様から大変喜ばれています。

多岐に渡る業務内容は以下の通りです。
●庭(和風・洋風)、個人・企業向け設計、施工、管理
●各種記念樹植栽、芝、黒土、不要樹木、庭石、引き取り処理等リフォーム相談
●各種樹木取り扱い
●樹木剪定、冬囲い
●家外回り整備(塀各種、舗装、ロードヒーティング等)
●公共事業(公園、街路樹、草刈等管理、公園新設、整備工事等)
●各種エクステリア用品取り扱い
●冬期間除排雪(玄関先から各駐車場まで)屋根雪下ろし
お庭や家外回り、除排雪のことでお困りのことがあれば、是非問い合わせを!
>>会社情報<<
  株式会社石狩緑化開発
  北海道石狩市花川北61丁目14番地
電話番号 0133-74-6700
メール isikariryokuka@salsa.ocn.ne.jp
FAX番号 0133-74-6705
代表者 代表取締役社長 相田芳男

◆『榎本建設株式会社』さま

榎本建設さんは、昭和6年に創業した石狩市八幡にある建築設計・施工の会社です。
一般住宅だけでなく、石狩市役所の庁舎や、その隣にある総合福祉保健センターりんくるなどの大型公共工事も手がけ、平成12年からはリフォーム事業にも本格参入されています。

榎本建設さんのモットーは「お客さまに対していい家をご提供するだけでなく、お客さまの豊かで、幸せな生活を応援してゆきたい」。

当たり前のようでいて、これを実行するのはとても難しいと思います。

榎本建設さんはこのモットーを元に具体的にどんなことをされていらっしゃるかというと、

●新築した住宅に『一坪農園』をプレゼント
それだけでもすごいのに、毎年5月頃に野菜の種や苗、それらの育て方を記したレシピまで社員さんが届けてくださるとのこと!

●道具箱訪問の開催
毎年春先に工事技術者が工具を持参してお客さまの家を訪問。クロスのすき間やドアのこすれ補修など無償の点検補修サービスを行なっているそう。これはありがたいですね!!

ほかには、
●地域応援に積極的!
『雑誌スポンサー』・・・石狩市民図書館の雑誌スポンサーになられて、同館に毎月雑誌を寄贈しています。榎本建設さんが選ばれた雑誌は「Casa BRUTUS」。センス良すぎます!

『いしかりファイターズ倶楽部』・・・社長の哲史さんは北海道日本ハムファイターズ公認後援会である「いしかりファイターズ倶楽部」の会長を務めています。ファイターズの応援を通じて地元の人たちの絆を強くしています。

『終活サポーターズいしかり』・・・相続、遺言、葬儀、空き家問題など、とても大事なことだとは分かってはいるものの、どこにだれに相談していいのか分からない。そんな時大きな頼りになるのが終活コンサルタントグループ「終活サポーターズいしかり」。それぞれの専門家が、終活の悩み事をトータルでサポートしてくれます。
哲史社長はこのグループの代表を務めています。

『地元で頑張る人たちを応援!』・・・終活サポーターズ主催の講座やイベント、地元ハンドメイド作家さんの手芸教室などの会場として、榎本建設さんのモデルハウスを提供したり、協賛になったりして地元を盛り上げています。

新築・リフォームに関する相談や資料請求はお気軽にお問い合わせください、とのこと。
問い合わせ電話番号は以下の通りです 
0120-088-406

また、榎本建設さんの日頃の活動の様子がとてもよく分かるBlogもあります。ぜひご覧ください!
●榎本建設株式会社 スタッフブログ http://blog.livedoor.jp/enomotoblog/archives/9097046.html 

>>会社情報<<
社 名 榎本建設株式会社
住 所 北海道石狩市八幡4丁目89番地
電話番号 0133-66-3025
メール arden-ishikari@enomotk.jp
FAX番号 0133-66-3529
ホームページ http://www.enomotok.com/
代表者 代表取締役 榎本 哲史

◆『アミーケ・インターナショナル』さま

『アミーケ・インターナショナル株式会社』さんは旅行業・通訳案内業と一般建設業をメインに下記の業務を行っている石狩市内の会社です。

 

1.通訳案内業・通訳・翻訳・日本文化体験プログラムの企画運営
2.旅行業(北海道知事登録旅行業第3-721号)
3.総合建築・土木・造園工事・電気・空気調和・冷暖房・給排水衛生設備など各種工事

 

ご主人の伊藤浩樹さんが代表取締役社長で、工事部として3の業務を、旅行添乗員として世界中を回っていた英語堪能な奥様・朱美さんが観光部で1と2の業務を担当していらっしゃいます。

才能溢れるとっても素敵なご夫妻で、オフィスには訪れた人を癒してくれるうさぎも3羽います。

 

地元石狩の素晴らしい自然や歴史的な建物を巡るツアー、石狩鍋などの伝統的な料理を堪能できるツアー、野菜や果物の収穫、そば打ちやデコ巻き寿司作りを体験できる ツアーなど、石狩をこよなく愛すアミーケ・インターナショナルさんならではのユニークなプログラムを揃 え、訪日外国人向けに企画・運営されています。

 

そして6/28(木)には、石狩の魅力を存分に堪能できる日本人向けのバスツアー、その名も『 昔懐かしバスツアー石狩大人旅』を開催されるとのこと。コンセプトは“昭和の懐かしスタイル”だそうで、最近では珍しくなったバスガイド付きのツアーだそうです。しかもこのツアーを担当するバスガイド・今堀匡佐子さんは北海道新聞夕刊でコラムの連載もされている石狩市在住の人気バスガイドさんです。

 

“よよか”が世界的ドラムコンテスト『Hit Like A Girl 2018』の週間チャンピオンになった報告でオフィスへご挨拶に伺うと、ドラムを演奏するよよかの絵が描かれたデコチョコレート付きの特注ケーキまでご用意してくださっていました。本当にありがとうございます。

 

心温まるアミーケさんが企画したツアーは、かけがえのない思い出の一ページとなることでしょう。

是非みなさんも参加してみてください。

 

>>会社情報<<
社 名 アミーケ・インターナショナル株式会社
住 所 北海道石狩市花川北6条1丁目57番地1
電話番号 0133-74-3823(平日8:30~19:00)
メール info@amiche-inc.com
FAX番号 0133-76-6128
ホームページ https://www.amiche-itn.com/
代表者 代表取締役社長 伊藤 浩樹

 

そして!

アミーケさん初のバスツアー『 昔懐かしバスツアー石狩大人旅』の詳細はこちらです↓

 ~石狩在住『昭和のバスガイド』が、ふるさと石狩をご案内~

石狩の旅行会社「アミーケ・インターナショナル株式会社」が、バスツアーを企画しました。第一弾は、北海道新聞連載コラム「発車オーライ!」でおなじみ、石狩在住人気バスガイド・今堀匡佐子さんと石狩・厚田方面を巡ります。最近では珍しくなったバスガイドが同行する昭和スタイルのバスツアーで、旬の見所満載の石狩を楽しみませんか?

 

◇今堀匡佐子さんプロフィール◇
「旅は楽しく美しく」をモットーにバイスガイド歴33年。
北海道新聞夕刊で隔週月曜に「発車オーライ!」を執筆し6年。
趣味:旅行、好きな食べ物:リンゴ。
カラオケ十八番:東京のバスガール♪
メッセージ:皆さまにお会いできるのを楽しにしております!

 

◇ツアー詳細◇
■日時:2018年6月28日(木)※雨天決行
■最小催行人数:30名 ■定員:35名
■ご旅行代金:大人おひとり様 6,980円(税込)
■行程
・札幌駅北口鐘の広場(8:30出発)
・石狩商工会議所(9:10出発)
・北生振よこやま農園にていちご狩り(約60分)
・道の駅石狩『あいろーど厚田』見学(約60分)
・厚田お食事処『前浜』にて昼食(約60分)
・石狩はまなすの丘公園散策~はまなす散歩~(約60分)
・石狩弁天歴史公園(車窓)
・佐藤水産サーモンファクトリーにてお買い物(約20分)
・石狩商工会議所(16:20下車)
・札幌駅北口(17:00下車)
※話題の道の駅『あいろーど厚田』にてたっぷり60分!
※昼食は漁師さんのお食事処『前浜』にてしゃこの天ぷら定食!
※ハマナスが見頃のはまなすの丘公園にて、「NPO法人いしかり海辺ファンクラブ」のガイド付きハマナス鑑賞!
※はまなすの丘公園名物はまなすソフト試食!

 

◇お問い合わせ先◇
アミーケ・インターナショナル株式会社
電話受付:0133-74-3823(平日 8:30~19:00)
FAX受付:0133-76-6128
メール:info@amiche-inc.com